スノーボード.com TOP ⇒ 事前に注意すること 日焼け止め

日焼け止め

青空の時は、雪がかなり照り返しをしてきます。その場合は、できれば日焼け対策を施すほうがいいでしょう。しかも冬の空はとても乾燥していますので、肌が乾いてしまいやすいです。できれば保湿をしっかりして、スノーボードに臨んでください。乾燥対策をしっかりしておかないと、いつの間にか皮膚にひび割れが出来てしまい、お肌がかさかさのボロボロになりかねないのです。

照り返しというのは太陽光が地面に反射し、紫外線と同様の効果が身体に影響することです。夏場など紫外線の強い時期では悩まされる方も多いですが、スキー・スノーボードのシーズンである冬場などでも、当然ながら太陽光は降り注いでいるものです。しかもアスファルトなどでの反射率が二割から三割ほどであるのに比べ、雪上ではこれが八割以上の反射率にもなってしまうのです。

例えば帽子などで真上から降り注ぐ紫外線を防げたとしても、照り返しによる下からの紫外線には対応しきれません。そのため日焼け止めはウェアやキャップなどに頼るのだけでは不十分です。こういうときは、日焼け止めクリーム・ジェルなどといった、直接的にお肌へと塗りこめるタイプのものを使うのが良いでしょう。これならば、直射も照り返しも効率よく防ぐことが出来ます。

日焼け止めは、特に女性であれば気にする方が多く、照り返しの強いスキー場などでは更に気をつけなければなりません。日焼け対策を万全にし、スノーボードに臨みましょう。

事前に注意すること

ヘッダー付き袋印刷OPPテープ付き袋 規格袋
http://www.sideseal.jp/

コンプラビン
コンプラビンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

ノベルティ
ノベルティ景品など